スーツ

男性のスーツはやはり体の線に合った物を着用する事で好印象と清潔感が出ますので、大き目の物を選ぶのではなく体型に合わせた物を選ぶ事をお勧めします。

特に肩幅の合わないスーツを着用していると自分では気が付かない背中に微妙なズレが出てしまい、後姿がだらしなく見えてしまう事も多くあります。既製品を選ぶときには体型に合わせる方が多く、特にお腹周りを中心に選んでしまう方が非常に多く居ますが、一番大事な点は肩幅ですのでしっかり合わせるようにしますスーツを購入時には出来る事であればTシャツの上から羽織るような事はしないで、事前に普段着用されているワイシャツ等を着ていると違和感なく選ぶ事が出来ますので、手間が掛かると思っていても面倒くさがらずに持参するか、出来る事であれば着用して居る事をお勧めします。


スーツは肩幅重視で選ぶべし

どんなに高級なスーツでも体型に合わない物を着ていると似合わないと思われてしまいますので、スーツを着こなしたい方であれば肩幅重視でしっかり選ぶようにします。
肩幅の広い物を選ぶと動きがかなり楽になるのでゆったりした物を選んでしまう方が居ますし、社内では脱ぐ事が多いので通勤だけの物と考える方が多く居ますが、異性でも同性でもかなりの視線が光って居る事を忘れないようにします。特に女性目線は厳しい物が有り、スーツの趣味にはかなり詳しい方も実は多いのです。

体型に合わないスーツが評価を下げる

女性はできる男に対しては特に見て居る事が多く身に付けて居る物に非常に関心がありますので、体型に合わないスーツを着ているだけでかなり評価は下がってしまう事が在ります。
高級な素材やブランド物であっても一目で見抜く事が出来る女性も多く、特に肩幅があって居ない事は御洒落には反すると言う事がとても良く解っているのです。

男性としては動きやすいので肩幅に若干余裕がある方が良いと思う方や、体型が細身で肩幅が狭いと悩む男性は多く少しのゆとりを持たせて選んでしまいがちですが、少しの緩みが背中や腕の生地にまで皺を作る事になってしまい、動くと無駄な線がスーツに出てとても格好が悪くなってしまうのです。

オーダースーツの注意点

オーダースーツでも昨今は手軽に作る事が出来る時代になって居て3万円程でも作る事が出来ますが、サイズを測る時に一番注意すべきは肩幅と言う事を忘れないようにします。
店員の方はお客様の好みで測りますので少し緩めにと言ってしまうと、実際にその通りにしてしまいますのでこだわりを持って肩幅の事は伝えて置くようにします。また店員の方にはプロ級のアドバイスが出来る方も居ますので、しっかり助言を聞いて置くようにすると非常に参考になる事も多くあります。

一度オーダースーツを注文すると殆どのお店では体型のデータを保存して置いてくれますので、リピーターとして再度注文すると余程体型に変化が無い場合は同じスーツで素材違いなどが気軽に注文する事が可能です。

映像と現実の違いを知る

広めの肩幅を着ると余裕があると思う方の逆で少しきつめの方を選ぶ方も多く居ますが、こちらもかなりおかしな着こなしになってしまうので注意するようにします。
海外アーティストでは時折スーツを非常に格好良く着こなして歌って居たり、アクティブに動き回って居て細身の体型に着用して居る事に憧れてしまう方が多いのですが、あくまで映像としての世界なので実際の生活ではあまりにきつい物を着ていると只の貧相にしか捉えられない事が多いのです。

きつめの肩幅のスーツを着用すると必ず少し動いただけでも腕に皺が出来てしまい、非常に窮屈そうに見えて貧相丸出しのように見えてしまいます。会社でプレゼンがある時に窮屈そうなスーツで説得しても、何だか怪しい詐欺師の様に思われてしまいますので絶対に避けるようにお勧めします。

肩幅の確かめ方

実際に自分で肩幅があっているか確かめるには、しっかり着用しボタンも閉めてからスーツの肩の先の部分を少しつまみます。人差し指で少しつまむ程度でしたらジャストサイズですので安心して着用出来ますが、それ以上につまむ事が出来たりすれば大きいと言う事ですので直す事をお勧めします。

スーツを着こなし、男を磨く

背中の皺を確認する場合は着用してからボタンをしっかり閉めて合わせ鏡で確認すると、実際に着た時に皺が無ければ体型が合って居ると言う事ですので大丈夫です。
この時も必ずワイシャツを中に着用して試すようにしないでTシャツなどを着て居る事は絶対に避けないと、普段で無い皺が実際に着て居たら出る事になってしまいますので注意します。またワイシャツとの相性も大きい関係性が在りますので、きつい物を着ていると衿が飛び出して非常にみっともない服装になってしまい、オーダーで作ってもとてもそうは見えないみすぼらしい物になってしまいます。

既成の服であれば何でもいいと思われる方も多く居ますが、自分への評価がかなり下がってしまう事も多くありますし、第一印象で決まってしまう事もある昨今ですので、着用する時には細かい点まで配慮して着こなす事をお勧めします。