学生の恋愛では難しいですが、社会人ともなると、ある程度の経済力は必要です。豊かな衣食住があってこそ、女性にもその生活を共有させることが出来ます。

しかし、経済力よりも必要なのが、「お金の使い方」です。

外見も内面もいい。年収もそこそこある。なのに何故かフラれるという男性は、お金の使い方でマイナスの印象を与えている可能性があります。

女性相手のお金の使い方を覚えるのは、恋愛のテクニックを習うよりもずっと簡単で効果的です。

ここからは、今すぐできる簡単な方法を紹介します。


支払いはスマートに

脈ありな女性を飲食店に誘った場合、支払いは相手がお手洗いに行っている間にすませておきましょう。

相手がお手洗いに行く素振りを見せなければ、電話しに行くフリをして精算を済ませましょう。

食事が終わり、相手から支払いの話がでたら、「もう終わっているから」でOKです。

奢るという行為よりも、「知らないうちに済ませてある」という方がポイントが高いものです。

 

部下には堂々と

相手が男性の部下や後輩の場合、堂々とお金を払う方が喜ばれます。

一万円札を出し、後はよろしくと言って精算以上の金額を渡す。食事に誘う時に「自分が奢るよ」と言って誘う。

いやらしくなく、スマートに堂々とお金を出すと高感度が上がります。

毎回奢るのは大変です。しかし、一度は自腹を切って奢ってみましょう。もちろん、無理に誘うのはNGです。

 

領収書をもらわない

領収書をもらう姿を見られると、「なんだ、経費か」と思われ、奢ってもらった方も奢られたという気がしません。

目の前で奢る場合は、領収書を貰わない方が感じが良いものです。

 

割り勘がいい場合もある

恋愛感情のない相手に奢られるのはいやだという女性もいます。

簡単なランチやジュースを奢ってみて、嫌がるかどうかを確認すると良いでしょう。

相手が年上の女性の場合も、割り勘が好まれることがあります。