ボディケアで男を磨く時に、最も基本となるのは「ニオイ」の対策です。
清潔感あふれる爽やかな男性を目指す為には、手を抜いてはいけません。


汗は体臭の元

汗をかくのは夏だけではありません。
最近は冬でも屋内や電車内でエアコンが効きすぎているので、汗は1年中かいています。

汗そのものは人間にとって不可欠ですが、
肌のアカや皮脂、ホコリなどの汚れと混ざることで細菌を繁殖させ、
体臭の原因となる「脂肪酸」や「アンモニア」などのニオイ物質を発生させてしまうのです。

食べ物も体臭の原因

現代は食生活が欧米化しています。

高脂肪な食事が多いと、皮脂を分泌しやすい体質になり
結果、体質的に体臭を発しやすくなってしまいます。

汗をかきやすい部位が、体臭を発生させているのです。

「ニオイ」の元!汗をかきやすい部位はどこか?

汗は皮脂と混ざり、イヤな体臭の元になります。
体臭を対策する為にも、汗や皮脂が特に出やすい部位を覚えておきましょう。
特に気をつけたいのは、以下の6個所です。

  • 首筋
  • 背中
  • 足の裏

頭・額

頭や額に汗をかくのは、脳に熱をもたせない為の防衛機能です。
頭部や顔は、ベタベタした「おっさんの臭い」を発しやすい場所なので、特にケアしたい部位です。

脇の下は汗の出る汗腺がそもそも多い為、
汗によるニオイを発生しやすい場所なので注意しましょう。

首筋

首筋は太い静脈が通っている為、血流に熱をもたせないよう汗をかきやすくなっています。

背中

背中から汗が噴き出るのは経験済みと思います。
背中もまた体温調整のために汗がよく出る場所です。

足の裏

靴や靴下を履いていると、足の裏の通気性が悪くなり汗をかきます。
人によっては、この部位が一番臭いです。

汗が臭いを発するとはいえ、
汗をかかなくする事は難しいでしょう。

では、どうするか?
それは、「良い汗」をかくことです。

「良い汗」と「悪い汗」

汗には、サラサラした汗と、ネバネバした汗がある事をご存知ですか?

サラサラした汗が良い汗。つまり体温調節機能を果たす、水に近い汗です。
一方、ネバネバした汗は、体内の貴重なミネラル分を含む蒸発しにくい悪い汗。
この悪い汗が雑菌を繁殖させ、悪臭をはなつのです。

 

良い汗をかく方法

ではどうすれば良い汗がかけるのか。
それは、よく汗をかくことです。

運動を行い、たくさん汗をかく。
すると汗腺の機能が鍛えられ、質のよい汗がかけるようになってきます。

汗をかいた後は、汚れと一緒に洗い流しましょう。

でも、洗いすぎは厳禁です!
その理由をお伝えします。

 

洗いすぎるとかえって体臭を強める

「体が臭い」
「なんとかしたい」

「何度もしっかり洗ったらいいのでは?」

体臭を軽減させたいために、1日に何度も入浴し、これでもかといわんばかりに体を洗う人がいます。

体の表面についた汚れや脂質を落とすのは大切です。
しかし、これでイヤな臭いが消えるかというと、そうではありません。
洗いすぎる事により、かえって悪臭が強くなる事があるのです。

 

なぜ洗いすぎが悪臭の元となるのか?

腸内に善玉菌と悪玉菌がいるのは有名です。
それと同じように、皮膚の表面にも両者の菌が存在しているのです。

しかし体を洗いすぎると、この善玉菌がいなくなり、
悪臭を発生させる悪玉菌が皮膚の表面に繁殖してしまうのです!

この状態で汗をかくと、悪玉菌はますます増え、悪臭もひどくなっていきます。

  • 体は洗いすぎないこと。
  • こすりすぎないこと。

これらを心がけて洗うことで、雑菌による体臭は防るのです。

いくら洗っても体臭が消えない時は?

いくら体を洗っても体臭が消えない場合、
その臭いは体内から発せられているかもしれません。

体臭がひどく、人に近づくのが怖い。
そんな悩みをかかえているなら、サプリメントで解決してみてはいかがでしょうか?

未来永劫悩み続けるくらいなら、
消臭サプリの「メンズデオ7200」を試してみてはどうでしょう。

臭わないって、こんなに素晴らしいものだったのかと気づかせてくれますよ^^

管理人が試した「メンズデオ7200」はこちらです▼


メンズデオ7200
>気になる脂の臭いをサッパリ!メンズデオ7200公式サイトはこちら