社会人の挨拶の重要性について書かせていただきたいと思います。

挨拶はいつも会っている人、初対面の人など関係なくしっかりと行いましょう。なぜなら、挨拶は人と出会って最初に行うコミュニケーションであり、これができないと第一印象がよくありませんし、コミュニケーション能力がないのかと疑われてしまいます。


挨拶のポイント

特に、新入社員の方は仕事で実力をアピールする前に、毎日挨拶を元気よくして「あの新入社員はいつも元気だな」と思われる存在になるべきです。
挨拶のポイントは、まず相手よりも先にすることです。「相手が挨拶してきたら返事すればいいや」と思わずに積極的に自分から挨拶をしましょう。次に、相手の顔をしっかりと見て挨拶をします。

元気よく「おはようございます!」と言っても下を向いていたらあまり良い印象を与えません。相手の名前を行ってから挨拶するのも良い方法です。そうすれば相手は「自分に挨拶してくれているんだな」ということを実感でき好印象です。

また、挨拶をする際にはお辞儀もしっかりとしましょう。普段の軽い挨拶程度であれば、言葉を述べると同時にお辞儀をする同時礼で良いでしょう。もっと丁寧なお辞儀をする場面では、言葉を述べてからお辞儀をする語先後礼を意識しましょう。

お辞儀は3種類

お辞儀には3種類あると言われています。

1つ目は「会釈」です。会釈は軽いお辞儀で、腰から上を15度ほど傾けてお辞儀します。廊下で誰かとすれ違うときなどに使います。

2つ目は「敬礼」です。腰から上を30度傾けてお辞儀します。目上の人に挨拶するとき、来客を迎えるときに使います。

3つ目は「最敬礼」です。腰から上を45度傾けてお辞儀します。お礼をするときや、お詫びをするときに使います。お辞儀の動作は自信を持ってスマートに行いましょう。ペコペコと何度もお辞儀していたらカッコ悪いです。

 

まとめ

挨拶は、相手との信頼関係を築く第一歩です。

笑顔で元気よく挨拶できれば、仕事をする上でも上司や先輩に好かれる存在になれるのではないでしょうか。