モテる言葉使い

言葉使いにはその人の本心が現れるもので、男性も注意が必要になる場合があります。

女子は一般的に、他人の言葉使いに敏感で、特に男性を評価する場合の基準や評価になります。

言葉使いは表現力に関係していますが、同時に育った環境や両親の教育が現れます。

異性にモテる気持ちがあったり、自らの欠点を改善する意思がある時は、普段の言葉使いに意識を向ける事が大切です。


言葉使いを間違えると評価を下げる

何気なく使っている言葉でも、言葉使い一つで人を傷付けてしまったり、女子にとって無視出来ない表現になる事もあり得ます。

男友達同士では問題にならなくても、異性には傷付ける言葉になる事もあるので、モテる男になりたいのであれば、言葉使いから見直す事が重要です。

相手にかける言葉はいくつか存在しますが、お前や手前等といった表現は、女子には厳しく感じられる事があります。

気が置ける相手なら許されても、距離感のある相手であったり、まだ知らない詳しく人に対しては評価を下げる理由に変わります。

おいといった呼び方や、名前を呼ばない男性も嫌われるものなので、女子に話しかける時には、名前に誰々さん、あるいは誰々ちゃんと付けで呼ぶ事を原則と心構える事が重要になります。

 

言葉使いを確認する

言葉使いに問題がないか、これを確認する事がモテる為の第一歩になりますが、友人や男性相手だと正しく確かめられない事が欠点です。

兄弟に姉や妹がいる場合は、比較的言葉使いについて確認しやすいので、一度普段の言葉使いに問題がないか聞いてみる事が効果的です。

言葉使いを綺麗にしたり、禁句のワードを避ける為には、モテる男性を参考に言葉の選び方を学び方も一つの方法です。

モテる男性には共通して、女子に対する気遣いであったり、嫌われない為のコツとモテる秘訣が備わっています。

つまり、身近な女子に言葉使いを確認する事、そしてモテる同性を参考にする二つの方法が、自らモテる要素を身に付ける切っ掛けになります。

 

呼び捨てはNG

モテる事を考えて気を付けたい言葉使いには、第三者を指す言葉に加えて、全ての会話に共通する語尾も含まれます。

呼び捨ては相手にもよりますが、通常は目上の人に誰々さんと付けたり、雑な呼び方をしない事が重要と考えられます。

あいつや誰々の野郎という表現もご法度なので、言葉使いに気を付ける際には、この部分にも配慮する事が求められます。

 

何気ない反応が与える影響

言葉使い以外で育ちが出る部分としては、食事に対する向かい方や生活の何気ない態度、テレビやネット等のメディアを見た時の反応にも現れます。

また、腹が立った時の舌打ちであったり、つい癖のように口をついて出るクソという表現、死を連想させるキーワードも禁じた方が良いと考える事が無難です。

何かに本気になれる男性は、女子から見ると魅力的に見えますが、熱狂し過ぎると男性が持つ負の側面が表面化しがちです。

気持ちが熱くなると言葉使いが悪くなる男性は、冷静さを心掛ける意識を頭の中に持つ事、言葉に出す前にワンクッション置く練習を行う事がおすすめです。

感情的になる男性は、感情が高ぶると視野が狭くなる類似点を持っていたり、客観的に今の状況を見る俯瞰の視点が欠けている事があります。

生まれ育った環境で身に付けた特徴であったり、普段から慣れ親しんだ言葉を変化させる事は難しいですが、女子から嫌われている自覚がある場合は、言葉を起点に男を磨く事が役立ちます。

 

男の評価を左右する

男の評価を左右する点は、必ずしも言葉に限りませんが、言葉は選び方で表現や相手に与える印象が大きく変わります。

女子にとっては優しく呼ばれるだけでも、相手を正しく評価したり、冷静に分析する機会になります。

一方、言葉が悪く近寄りがたい雰囲気を発している人には、同性であっても関わりたくないと思う考えに至るものです。

まずは相手を遠ざける言葉を見直す事が大切で、次に親しみが持てる言葉を選んだり、人としての魅力が伝わる会話力を身に付ける三点が男磨きに繋がります。

 

綺麗な言葉は知的な印象を与える

言葉が綺麗な人は総じて、知的な印象を与える事が自然に出来たり、誰とでも壁を作らずコミュニケーション出来る糸口を持っています。

言葉に意識を向けて変える事が出来れば、思考回路自体も変える結果に結び付くので、表面的ではなく内面から発する魅力を高める効果が引き出せます。

誰かに言葉選びを助けてもらわず、自力で変える目標を達成したい時は、長時間録音出来るレコーダーを用いる事がポイントです。

一日の会話の内容をレコーダーに記録しておけば、気が付かなかった言葉の選び方であったり、会話自体も後から再確認する事が出来ます。

振る舞い方の反省点を見付けたり、変える必要がある部分に気が付けるので、普段の自然体を客観的に評価したい場合に好都合です。

後は会話の中から相手の反応を見る余裕を自覚したり、同性から変わったと評価されるタイミングが、嫌われるよりも好まれる人に変わる機会になります。

異性から直接指摘される言葉は貴重で、特定の言葉が嫌いと言われたり、嫌な顔をされた時には禁止ワードと考えるヒントとして価値を発揮します。