香水メンズの付け方。

自分のにおいが気になって、香水を付けてみたいけど、街でカッコつけた男にすれ違うと、香水の匂いで気分が悪くなることがあって、ちょっと敬遠してしまう。
電車の中の香水の塊みたいな臭いおじさんも勘弁してほしいところですよね。

適度に良い香りがあたりに漂って、周りの人がうっとりするような付け方がベスト。

一体どうすれば、良い香りのカッコイイ男になれるのでしょうか?


香水選び|ファーストノートとラストノート

まずはメンズ香水選びから。
一番良いのは、自分が好きな香り、リラックスできる香りで、
時間が経って自分の体臭と混ざり合って香りが変化しても、嫌な香りにならないものが良いですね。

様々な香水が売られているので、出来れば購入前に好きな香りを選んで実際に付けてみて、一日過ごしてみましょう。

意外と時間が経過してからの香りと、最初にボトルから薫る匂いは違っていますよ。

これがファーストノートとラストノートの違いです。

試してみると、メーカーによって濃度が違っていたり、友達が付けているものと同じものでも自分がつけると、
またちょっと違った匂いに変化することがわかります。

 

香水の香りの強さに注意!

次に、ワックスなどのヘアケア剤に香りの強いものを使っている人は、香りの少ないものへ変えましょう。

香りと香りがぶつかり合って、気持ちの悪いことになりかねません。

また、近頃流行りの香りの強い柔軟剤などを好んで使用している人も、香りがぶつかる原因となりますので
家で洗濯するときにはあまり大量に使用しないように気を付けましょう。

香りは、ぶつかり合っても相乗効果でもっと良い香りになるわけではありません。

大抵の場合には、ぶつかり合って気持ちの悪いものに変化します。

香りの強い整髪料を使っているおじさんが、コロンをたっぷり付けて歩いているところを想像してみればよくわかりますね。

 

香水の付け方

香水選びが終わったら、女性に一番好まれる、思わず近くで確かめたくなるような、ほのかに香りが立ち上る付け方をしましょう。

昔は正しい香水の付け方として、手首にワンプッシュして、両手首でこすり合わせて耳の後ろへつける付け方、指先に付けた香水を耳の後ろへそのままなじませる方法などがありましたが、現在では間違った常識となっています。

香水は繊細な香りが身上ですから、こすり合わせると香りが変わってしまいます。

また、耳の後ろなどは鼻に近すぎて、適切な量が分からなくなります。

 

ウエスト部分へ1~2プッシュ

現在では、男の正しい香水の付け方は、洋服を着る前にウエスト部分へ1~2プッシュ。

少し香りが足りない気がする場合や、夏場のように汗が流れる場合には、ひざの後ろ、内腿、足首などの関節の内側部分に少し付けます。
香りは下から上へ移動する習性があるので、なるべく下の方へつけた方が効率よく薫らせることが出来るのです。

正しい方法は顔より下の、服の下と覚えておきましょう。

そうしてまずは、香水をまとってから洋服を着て、出かける支度をしましょう。

おおよそ20~30分かけて香りが落ち着きますので、付けたての状態で大切な人に会うことはNGです。

 

香水の付け方のポイント

男の正しい付け方のポイントは、地肌へ直接吹き付けるということです。

髪の毛に付けてみたり、首筋へ吹き付けたりということはやめておきましょう。

髪や地肌に紫外線が当たって、香水の成分が変質するために皮膚の弱い人はかぶれてしまったりします。

また、洋服の上からスプレーするような人もいますが、これも洋服のシミの原因となりますし、
香りが強すぎたりすることにもなります。

 

香水の量

正しい香水の量は、あくまでも近くにいる人にほのかに良い香りが伝わる程度です。

少し距離があるにもかかわらず、ダイレクトに香りが届くというのは明らかに付け過ぎです。

男性の方が、女性よりも体温が高いために良く薫る傾向がありますので、女性と同じように付けることは控えましょう。

彼女が2~3プッシュ付けているからと、自分も同じようにつけると付け過ぎかもしれませんよ。

セクシーなのは、自分の身体に付けた香りが、ボトルのそのままの香りと違い、より自分らしい香りで、一日のうちに何度か移り変わって行くことです。

上着を脱いだり、隣に座ったりした際に、ふわりと良い香りがするとカッコイイですね。

 

香水の付け直しにも注意

匂いを気にするあまり、一日うちに何度も付けなおす人もいますが、これも付け過ぎになります。

ラストノートが薫らなくなってから新たな香りを付けるようにしましょう。

あまり頻繁に顔の近くで付けていると、鼻が慣れてしまって自分でもどれくらい薫っているのか分からなくなり危険です。

自分ではあまり香りがしないと思っているくらいがちょうどよい加減ですね。

 

汗で香水が流れたときには

夏場のように汗であっという間に香りが流れてしまって、汗臭いような時には、まずは着替えをしないとシャツについた汗のにおいの方が、良い香りより強く匂ってしまいます。

匂い対策としてはこまめに香水を付け替えるよりも、こまめに着替えをした方が効果的です。

どうしても着替えが出来ない場合、タオルやハンカチで汗を拭く、ウエットティッシュなどでにおいのもとを取り去ってから香水をつけるようにしましょう。

エッ!?女性が好きな、男のニオイとは?