臭い

エチケットとして体臭には常に気を配りたいものですが、自分の匂いについては分かりにくいとも言えます。
ワキガの方が自分の体臭に気付きにくいように、もしかしたら自分の体臭で、周囲の人に迷惑をかけている可能性も考えられます。

対策としては、常に体臭を防ぐような生活を心がけることです。
まず、自分の家の中を見渡してみましょう。


身の周りの臭いの原因

気をつけておきたいのがベッドのシーツや枕などの寝具です。こまめに洗濯を行っているでしょうか。人が寝ている間でも、かなりの量の汗をかいていると言われます。
汗は体臭の大きな原因の1つとなりますので、その汗が染み込んだ寝具を何日も洗わずに使うことはやめましょう。
特に汗かきの人は要注意です。

寝具の臭い

ベッドの場合、シーツの下のマットにまで汗が染み込んでいる可能性があります。マットを洗濯するわけにはいきませんので、主な対策方法としては除菌スプレーの使用です。寝具に除菌スプレーを使うだけでも大きな効果が見込めるでしょう。

匂いの原因は菌ですから、除菌スプレーはいろいろな場面で活躍するでしょう。寝具だけではなく、家の中のカーペットやソファーにも有効です。一家に1つは常備しておくのが好ましいでしょう。

衣類の臭い

さて、家の中の寝具についての臭い対策が完了したら、次はよく着ている衣料品です。たまに生乾きの臭いがしている服をきている人がいますが、とても不快感がある臭いを発しています。

やはりその原因も菌ですから、菌が増殖しないようにしっかりと乾かさなければなりません。乾燥機を活用するのが効果的です。

ワイシャツの襟

ワイシャツ

サラリーマンのお父さん方が、日頃気にしているのがワイシャツの襟の部分です。
購入した当初は全く気にならないのですが、次第に襟元から嫌な臭いがするようになってきます。ついつい自分の後ろを歩いている人に臭いと思われていないか気になってしまいます。

この嫌な臭いの対策方法としては、襟の部分の漂白です。漂白すると、黄ばんでしまった襟も真っ白に戻りますし、嫌なニオイの原因も取り去ることができます。
ただし、漂白を頻繁に行ってしまうと生地自体を痛めてしまいますので、毎回のように漂白を行うのはやめておいた方が良いかもしれません。

さて、ここまでは身の周りの臭いの原因について述べてきましたが、ここからは自分自身の体臭についてです。

自分自身の体臭

特に気にする人が多いのが脇です。

ワキガの疑いがある人は、すぐにでも手術を受けた方が良いですが、そうでなくても汗をかくと自分から嫌なにおいがすることがあります。

脇は汗をかきやすく、臭いの原因になりやすい場所です。簡単に行える対策としては、市販の制汗スプレーを利用すると良いでしょう。
様々なタイプがありますが、スプレータイプだと匂いが強すぎて、あからさまに制汗スプレーを使っているとわかってしまいます。
それが気になる人には、塗るタイプの制汗剤がお勧めです。効果も抜群で、コンパクトなタイプが多いので持ち運びも楽です。女性だけではなく、男性にもオススメですしメンズのタイプも販売されています。

実は冬にかいている汗の方が臭いが強い

汗の臭いについて夏場だけ注意している人も多いと思いますが、実は冬にかいている汗の方が臭いが強いと言われています。
冬場は衣類もたくさん着込んでいるためわかりにくいのですが、制汗対策は夏と同じように行っておいた方が無難です。

耳の後ろや首筋も

臭いの発生源は脇だけではありません。
耳の後ろや首筋も気をつけておきたい箇所です。

スプレーや塗ってもわかりにくい制汗グッズで対策しておくと良いでしょう。

靴を長い時間履いた後の足の臭い

革靴の悪臭

世の中のお父さん方にとって特に注意しておきたいのが靴を長い時間履いた後の足の臭いです。

1日仕事を頑張った証でもありますが、家に帰ればすぐに足を洗えと家族に怒られてしまうことがよくある嫌な臭いの定番であるとも言えるでしょう。
まず簡単な対策としては、靴下を履き替える方法があります。1日同じ靴下を履き続けるのではなく、昼過ぎ位に履き替えると嫌な臭いを抑えやすくなります。

それでも効果が全くない場合は、靴に問題があることも考えられます。靴も除菌スプレーを使ってこまめにケアしておくようにしましょう。
また、足に使う臭い対策グッズも販売されていますので、それも併用して使ってみるとさらに効果が得られます。

頭皮からも嫌なニオイが

男性の場合頭皮からも嫌なにおいがする場合があります。
整髪料を毎日使用しているのであれば、少し香りが強めのタイプを選ぶのも良いでしょう。シャンプーやリンスを変えてみるのも対策の1つです。それだけで一切臭いがなくなることもありますので、ぜひ試してみてください。

まとめ

体臭がきついというだけで周囲の人から見る目が悪い方向へ変わってしまうこともあります。匂いというのはそれぐらい重要な要素であると言えるのです。
少しでも自分の体臭について気になる方は、とにかくいろいろな方法を試してみると良いでしょう。
勇気を持って、腹を割って話ができる仲の良い人に自分の体臭について聞いてみるのも1つの手段です。