決断力

男性はさまざまな場面で決断を的確にくだしていかなくてはならない存在です。
仕事の場で上に立つことになれば部下のこれからに関して責任を持って自分の範囲内で損得勘定を行って決断をしていかなくてはなりませんし、女性関係であればなおのこと決断力が無くてはなりません。
言ってしまえば優柔不断という要素は男を下げる存在なのです。

しかしながら優柔不断を直そうとしてもすぐに直ることは無いのは悩ましいところでしょう。
人の性格は生まれてから現在に至るまでのさまざまな要素に盛況を受けて変わるものですし、ある程度の年齢になれば性格も気質も完成してしまっているためすぐに変えることはできません。

だからと言って、全く変える努力をしないことは考えものです。
実際優柔不断を改善するための方法、決断力を鍛える方法はあるのです。


決断力を鍛える方法

些細なことでも素早く判断して後悔しない

決断力を鍛える方法としてはどういったことがあるのか、一つ目の方法となるのが「些細なことでも素早く判断して後悔しない」ということです。
よく決断というと自分の人生のこれからを左右する大きなことがイメージされるのですが、人生は基本的に決断することで成り立っています。

例えば今日のランチは何にしようか、和食にしようか洋食にしようか、和食にするとして焼き魚にするかトンカツにするか、これらも数ある些細な決断のひとつです。
この判断を素早く下して、後になってから「やっぱり洋食の方が良かった」などのように後悔しないように努めることが優柔不断を改善するための第一歩であると言えます。

もちろんこれは自分の意見を絶対に変えるなということではありません。
頑固であることと優柔不断でないことは全く別のことです。

重要なのは自分がまず決断し、そしてもし他人に何か意見を出された場合にはその意見をしっかり聞いて自分の意見と比較して最終的な結論を出せば良いわけです。

人と接すること

さて、続いて二つ目の方法としてチェックしておくべきとなるのが「人と接すること」です。
人と接することと優柔不断であることは一見すると何の関係も無いように見えますが、これについてはまずそもそも決断とは何かを考え直すことが必要です。
何をするか決めることはシンプルなことですが、自分一人で生きているのであればその必要性はかなり少なくなります。

極端な話ですが仕事をしておらず特にやるべきことも無く、ただ毎日を過ごしていれば良いのであればやりたいことを優先して考えていれば済む話です。
自身の欲求に従って我がままに過ごす生活に決断はほとんどありません。

人と一緒に過ごす時間が増えてこそ、相手の話を聞いて自分の考えを持ち、そしてお互いが最も満足できる道を探し出すために決断の意味が生まれてくるのです。
そのため、今まであまり人と交流をしたことが無かった人であれば、今日からでも少し社交的になることを意識してみると良いでしょう。

例えば仕事の中で誰かにアドバイスをもらおうとしてみたり、誰かを昼食に誘ったりといったことでもかまいません。
人とかかわることは人生における分岐を増やすことですから、それだけ決断をする機会が増え、それを繰り返していけば優柔不断は自然と改善されてくるのです。

まず行動しようと考えること

そして三つ目の方法となるのが「まず行動しようと考えること」です。
これは人生において成功を収めている人ほどよく言うことですが、人生において「行動をしない」ということは何も生まないということです。
プラスも生まずマイナスも生まない、それを最高だと思えるのであればそれはその人の人生なのだから良いのですが、実際の人生ではほとんどの場合、行動は最終的な結果が出るまでに改善して方向を修正していくことが出来ます。

その方向修正さえできれば基本的に取り返しがつかないほどの大失敗になることは早々ありません。
「失敗したら嫌だから」と決断を先延ばしにして結局何もせずに現状維持というのは優柔不断と言われてしまう人に比較的よく見られる特徴です。
そうした優柔不断な性質を改善したいのであれば、これまでよりも少し勇気を持ってまず行動に移すことを考えてみると良いでしょう。
これはどれだけ些細なことでもかまいません。

例えば気になっている映画があるならば劇場まで足を運ぶ、気になっている本があるのならばまず買ってみるといったことでもかまいませんし、より大きなことで言えば仕事で自分に声がかかっているならまず引き受けてみる、気になる異性がいればまず声をかけてみるといった改善をしていくと、優柔不断はだんだん改善されていくことになります。

まとめ

積極的な行動で成功した経験を得ることが出来れば、今後の人生においての自信にもつながる上、自信を持っている男性は異性でも同性でも魅力的に見えるものです。
優柔不断であることはその人の性格であるとはいえ、決断力が無い男はやはり決断力を持つ男と比べると見劣りするのが事実です。
魅力的な人間になりたい、頼られる男になりたいと考えるのであれば優柔不断な自分を少しずつ変えていくようにしましょう。